日本と世界の泥炭地  新しい視点で地球環境を守る



北海道中の峰湿原(神谷会員提供)

日本泥炭地学会創立記念講演会 平成25年10月10日 北海道大学百年記念会館講堂
      日本泥炭地学会(Japan Peatland Society)のホームページ アーカイブ。 


     日本泥炭地学会の活動
2016年6月16日(木)-18日(土):日本泥炭地学会2016年度大会(日本熱帯生態学会との連携大会)
     詳しくはhttp://www.life.tsukuba.ac.jp/~jaste26/をご覧ください。
2016年3月25日 日本熱帯生態学会から継続的な学会連携の申し入れがありました
2016年3月:日本泥炭地学会総会
2016年2月:日本泥炭地学会理事選挙
2016年1月22日:日本泥炭地学会のロゴマークが決りました。
2015年12月29日?2016年1月15日:日本泥炭地学会のロゴマークを公募します。
2015年12月25日:日本泥炭地学会理事会が北大農学部で開催されました。
2015年 6月19日?21日:日本熱帯生態学会(日本泥炭学会と連携)が京都大学で開催されました。
2015年 5月13日:平成26年度研究発表会および特別講演が北大農学部で開催されました。  
平成26年 5月13日:平成26年度研究発表会および特別講演が北大農学部で開催されました。                

      国際泥炭学会の活動  
2016年 8月15日?19日 マレーシア、サラワク州クチンで第15回国際泥炭学会が開催されます
         The first announcement      Prospectus   
平成26年 10月10日 Peatlands International 3.2014が発行されました。
平成26年 7月30日 Peat News No 7/2014 が発行されました。
平成26年 6月27日 Peat News No 6/2014 が発行されました。
平成26年 6月20日 Peatlands International 2.2014が発行されました。
平成26年 6月11日 Peatlands International 1.2014が発行されました。 
2015年 9月15日?17日 エストニアで15th Baltic Peat Producers Forum が開催されます。詳しくは平成27年 6月7-11日 アイルランド、TullamoreでIPSのAnnual meetingと連携した会合が開催されます

       会員からの声 
2015年4月17日 井上 京会員からINCAS(Indonesian National Carbon Accounting System)に関する情        報が届きました。        詳しくは
2015年3月20日 広瀬和世会員から3月25日に西カリマンタン州タンジュンプラ大学のGusti教授が東京で         開催されるオープンセミナーで講演するとの知らせが届きました。詳しくは
2015年2月27日 神崎 護会員から第25回 日本熱帯生態学会年次大会情報が届きました。詳しくは

2015年2月27日 神崎 護会員から第25回 日本熱帯生態学会年次大会情報が届きました。詳しくは
平成27年3月7日 宮島沼研究発表会(第110回ウェットランドセミナー)が北大工学部で開催されます。
        (山田浩之会員)詳しくは
平成26年8月14日 道北のサロベツ湿原で水文気象と地表面変動のモニタリングを始めました。興味のある方は
         水文気象:http://nana77hihc.sakura.ne.jp/stefan/stefan2home.html
         地表面変動:http://nana77hihc.sakura.ne.jp/stefan/stefanhome.html
         をご覧ください(高橋会員)。
平成26年5月19日 日本泥炭地学会のホームページが開設されました(高橋会員)。



               
2016年6月9日  東京の都道府県会館で第19回尾瀬賞授賞式・記念講演会が開催され、受賞された平野高司       会員が「熱帯泥炭生態系の炭素動態に関するフィールド研究」という題で講演を行われまし       た。カリマンタンでの長期研究の成果が高く評価されたもので、大変おめでたいことと、喜       んでおります。来賓の日本泥炭地学会の大崎 満会長は、祝辞において国際的な意義を強調       して研究内容の紹介をされました。尾瀬保護財団のウェブに授賞式の様子がアップされるの       はこれからですが、平野会員の業績は下記にリンクされたpdfに紹介されています。         (岩熊敏夫記)  https://www.oze-fnd.or.jp/ozd/ozesho/
2016年1月18日 Springerから「大崎・辻(編著)Tropical Peatland Ecosystems」が出版されました。

2015年12月02日 パリCOP21でインドネシアのジョコ大統領が泥炭復興庁の設立を表明しました
2015年11月25日 英国のJack Rieley氏からTempo English Editionの記事が届きました。
2015年6月14日 REDD+platformナレッジ分科会、第1回セミナー開催のご案内が届きました
2015年5月11日  4月16日のREDD+platformナレッジ分科会の報告が届きました
2015年4月16日  REDD+プラットフォームの サポーターにJAXA野口聡一宇宙飛行士が就任
2015年4月 7日   IPSより若手研究者向けAllen Robertson賞募集案内がとどきました 
2015年4月 3日   IPS Peat News No 3/2015 が発行されました 
平成27年3月11日 REDD+プラットフォーム 第2回ナレッジ分科会の知らせが届きました。
平成27年3月11日   IPS Peat News No 2/2015 が発行されました 
平成27年3月11日 REDD+プラットフォーム 第3回ビジネスモデル分科会(勉強会)の知らせが届きました。
平成27年2月28日 REDD+プラットフォームWebサイト立ち上げの知らせが届きました。
平成27年2月27日 第25回 日本熱帯生態学会年次大会案内が届きました。
平成27年2月26日 著書「森林環境マネジメント」の案内が届きました 
平成27年2月23日 森から世界を変えるREDD+プラットフォーム活動状況が届きました 
平成27年2月10日  First Announcement for IPC 2016が届きました 
平成27年2月2日   IPS Peat News No 1/2015 が発行されました 
平成26年12月27日 IPS Peat News No 12/2014 が発行されました 
平成26年12月19日 国際シンポジウム「ラムサール条約湿地でひらく地域の未来」案内が届きました。
平成26年12月2日 書籍「湿地の植物誌」」が寄贈されました。
平成26年12月1日 書籍「サロベツ湿原と稚咲内砂丘林帯湖沼群 その構造と変化」が寄贈されました。
平成26年11月28日 IPS Peat News No 11/2014 が発行されました。 

平成26年9月9日 IPSからPeat Newsへの原稿募集がとどきました。執筆要領はNext→
平成26年7月30日 IPS Peat News No 7/2014 が発行されました。 


      
   日本泥炭地学会

〒060-8589
札幌市北区北9条西9丁目
北大大学院農学研究院 
土地改良学研究室内

Email: 
jpsoffice@jpsoffice.sakura.ne.jp
TEL: 011-706-2554
FAX: 011-706-2494




   会費送付先:

北洋銀行(金融機関コード:0501)
手稲あけぼの支店(店番号:192)
普通預金 3036795

名義 日本泥炭地学会

名義人:
日本泥炭地学会 理事 神谷光彦