日本と世界の泥炭地 Japanese  English   ------------------新しい視点で地球環境を守る-------------------------


Next→
北海道、雨竜沼湿原(高橋会員提供)

日本泥炭地学会創立記念講演会 平成25年10月10日 北海道大学百年記念会館講堂


リンク集
日本湿地学会(JWS)→
国際泥炭学会(IPS)→
日本熱帯生態学会(JASTE)→
REDD+プラットフォーム→
Reduction plan of peatfire→
      日本泥炭地学会(Japan Peatland Society)のホームページにようこそ
本会は、泥炭および泥炭地に関する自然科学的および社会科学的な調査・研究の推進をはかり、その賢明な利用を追求することを目的とし、次の事業を行います。
1.会員相互、および国内外の関係機関との情報交換、交流の促進。
2.国内外の泥炭および泥炭地に関する調査・研究の促進。
3.その他、本会の目的を達成するために必用な事業。
年会費:個人 5,000円、 学生 1,000円、 団体 50,000円

本会会員は国際泥炭学会(IPS: International Peat Society)の会員としても登録され、世界から泥炭や湿原の管理や研究の情報がとどきます

        
            日本泥炭地学会の活動(アーカイブ:
2017年6月16日(金)-19日(月):日本泥炭地学会2017年度大会(日本熱帯生態学会との連携大会
     詳しくは (http://cpi.kagoshima-u.ac.jp/jaste27/)をご覧ください。
2016年6月16日(木)-18日(土):日本泥炭地学会2016年度大会(日本熱帯生態学会との連携大会)
     詳しくは http://www.life.tsukuba.ac.jp/~jaste26/ をご覧ください。
2016年3月25日 日本熱帯生態学会から継続的な学会連携の申し入れがありました。

             国際泥炭学会の活動  (アーカイブ:
2017年 5月29日〜31日 英国、アバディーンでConvention 2017が開催されます
         The 1st circular     The 2cd circular
2016年 8月15日〜19日 マレーシア、サラワク州クチンで第15回国際泥炭学会が開催されます
         The first announcement      Prospectus   
2015年 9月15日〜17日 エストニアで15th Baltic Peat Producers Forum が開催されます。詳しくは

                新着情報  (アーカイブ: )
2017年4月25日  山田浩之会員ら監修「湿地の科学と暮らし‐北のウエットランド大全」が北海道大学出版会から
        出版されました。詳しくは
2017年4月3日  イベント情報更新「インドネシア地球環境熱帯泥炭対策シンポジウム等」詳しくは
2017年3月31日 イベント情報「インドネシア地球環境熱帯泥炭対策シンポジウム等」詳しくは

                会員からの声  (アーカイブ:

    

 
      日本泥炭地学会
   札幌市北区北9条西9丁目
   北大大学院農学研究院
   農業土木学研究室内

Email:jpsoffice@jpsoffice.sakura.ne.jp
TEL: 011-706-2554
FAX: 011-706-2494
   
    会費送付先
北洋銀行(金融機関コード:0501)
手稲あけぼの支店(店番号:192)
普通預金 3036795

名義 日本泥炭地学会
名義人:
日本泥炭地学会 理事 神谷光彦